旅行の持ち物は宿泊日数に合わせて最小限にする

国内や海外旅行で必要となる持ち物が主に着替えです。

キャリーバッグに入れる方、ボストンバッグを利用する方、リュックを利用する方など様々ですが、宿泊日数や交通手段に合わせて持ち物は最小限に抑える事が大切です。

一泊旅行の場合、友人達と電車で行くのであれば観光の事も考慮してリュックで行くのが無難です。仮にキャリーバッグで現地に向かった際に、自分以外の友人達が全員リュックであればその都度、自分のキャリーバッグを入れられるコインロッカーの確保、場合によってはコインロッカーに戻る手間を友人達にも与えてしまい、迷惑が掛かるからです。

特に女性の場合であれば化粧品や翌日の服装に拘りたいと考える人も居ますが、季節によっては翌日もシャツを変える程度で服を使い回す事も視野に入れておくべきです。

一泊以上の宿泊日数になると、持ち物は自然に増えるでしょう。

洋服や化粧品、時期によっては上に羽織る物、子供が居るご家庭であればオムツやミルクが増えますが、自宅から持って行かなくても宿泊先のホテルに備え付けられている物や、現地で購入できる物は無理に荷物に詰め込まず、持ち物を少なくしていくのがオススメです。

旅行中の持ち物は観光や移動の際に邪魔になります。

車移動であれば、車内に入れておく事も可能ですが、車から降りて観光中に必要な物が結局は車の中にあり出し入れに不便さを感じる事も多々あります。

男性は比較的に持ち物が少ない傾向ですが、女性はメイク用品、スキンケア、ヘアアイロンなどがかさ張ります。必ずスキンケア用品を詰め替えて来る女性や、旅行用の小さいお試し品や試供品で荷物を減らして来る方も居ますが、中には現品を持って来る方が居ます。車移動であっても不必要な量を持って行くのは荷物になるので控えましょう。

用意周到に準備する事も悪い事ではない反面で、国内の旅行なら多くの場合が、旅行先で充分に手に入ってしまうため、心配になり過ぎることはないでしょう。